シャンプーを匂いで選ぶのは大丈夫?シャンプーの選ぶときのコツ

シャンプーは世の中ではありすぎるくらいあってどれを選んでいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?友達に『このシャンプーが良かった』なんてことを言われてなんとなく使っている。でもよく考えてください、その方と自分とを比べて髪質が違うはずです。

硬い髪の毛の人が使ってるシャンプーを軟毛の人に勧めてもなかなかしっくりこないことが多いです。

よくわからないから匂いをベースに選んでいるのは大丈夫なのか?ということについて記事にしていきたいと思います。

シャンプーを選ぶ際の判断材料で匂いも一つの中に入れておいていいと思います。
いくらシャンプーが良くても匂いが好みじゃなかったら使うのがストレスになってしまいますし。

匂いが強いシャンプーを使うと子宮からシャンプーの匂いがするという噂を聞いたことはありませんか?

シャンプーの匂いが子宮からするのは本当か?

どこから来たのかはわかりませんが、化粧品やシャンプーなどの匂いが強い製品を使っていると体が吸収してしまい出産や手術のときに匂いがしてしまう。そして体に良くないという噂です。

これは経皮毒と呼ばれていて顔や頭皮から吸収された毒性のある香料が原因とされていますが、実際のところは医学的に明確に否定されています。

信じている人もいるようですが、もし気になる人は使わないほうがいいかもしれません。
個人的には使わないほうがよっぽど悪影響を及ぼすような気がしますが、、、

この経皮毒という言葉自体が造語です。2008年には経済産業省がこのことを否定していますし、もしこれが本当だったらお医者さんが黙っていないはずです。

出産や手術のときは血が大量に出ますし、血の臭いが強くてそこからシャンプーの匂いを検知できることはないと思います。

ということでこれは都市伝説レベルの噂なんです。

シャンプーに入っている香料は安全

上の経皮毒の話からも分かる通り匂いの成分で安全が確保されていない成分が使われることはありません。

様々な匂いのシャンプーが発売されていて好みも個人差があります。
人気なのが花の香り、柑橘系の香り、ハーブの香りなんかは根強い人気があります。

無香料のものもありますので匂いがどうしても気になるというかたはそちらの方を選んでもいいと思います。

また香水をつけるというかたは匂いが強いシャンプーを選んでしまうと匂い同士が喧嘩してしまうので邪魔にならない無香料や同系統の匂いのもの、柑橘系なんかがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です