エラ張りの顔の形にはどんな髪型が合うのか?

美容室であるオーダーでよくあるのがエラを目立たせなくするようなスタイルです。

エラが気になる人って多いんですね。
エラ張りはキュートで若々しい印象が出る反面、顔が前面に出てしまうという悩みもあります。

今回はエラ張りの人はどんな髪型が似合うのか?小顔に見せるためにはどうしたらいいのか?
また逆にどんな髪型だとエラ張りを強調してしまうのかを記事にしていきたいと思います。

エラ張り顔の特徴は??

エラ張りの顔の形=ベース顔と呼ばれています。

まず髪型を見ていく前にエラ張り顔の特徴を抑えておきましょう。
自分では気にしていても周りから見るとそうでもないパターンもありますし、逆のパターンもあります。

エラ張り顔の特徴としてこんな感じです。

  • 顔の横幅が広い
  • エラが張っている
  • クールな印象
  • 輪郭が角張っている
  • 男性的な印象

特徴を知っておけば似合う髪型やだめな髪型がわかってきます。
自分がどの程度のエラ張りなのかは自己判断はなかなか難しいと思うので美容室に行った際やわまりの人に聞いてみるのもいいと思います。

エラ張り顔の似合う髪型はどんなの?顔周りの髪の毛が大事

自分がしたい髪型が見つかったけど、これが自分に似合うのかどうか心配になりますよね。

実際にカットしてもらったけど思ってたのと違う、、、
なんてことにならないようにしましょう。

エラ張りの人はフェイスラインを切りすぎてしまうとエラが見えてしまうのでサイドの長さに気をつけた方がいいです。

ロングの方はサイドバング(アイドルとかがやってる触覚みたいなの)を作ってあげるとカバーできます。この部分の量が多すぎると姫カットみたいな感じになって個性的になってしまうので少量を作ってあげるとナチュラルにエラ張りをカバーできます。

長さは顎のラインから顎下くらいにしておくと小顔効果があります。

また結んだ時にもこのサイドバングの髪を下ろしておくと小顔効果がそのまま利いてきます。

エラ張り顔に似合う髪型はひし形シルエットを意識するべし

全ての顔の形に似合うとされているひし形シルエット。
エラ張り顔の人も例外ではありません。というかエラ張り顔の人こそひし形シルエットを意識した方がいいと思います。

ボブに多いAラインの場合、気になるエラの横にボリュームが出てしまい余計に強調してしまいます。

長さがあるロブならまだしもワンレンの場合は注意が必要です。
ワンレンにする場合だと前髪に工夫が必要です。

エラ張り顔に似合う前髪はまた後で書いていきます。

話を戻してエラの横にボリュームを出すのではなく耳あたりとトップにボリュームを出すことでバランスが整いやすくなります。

もちろん根本的にエラが解決されるわけではありませんが髪型でエラ張りは視線をそらすことができカバーできるんです。

コテで巻いたりパーマで余計な部分にボリュームを出すのもバランスが崩れてしまいがちです。

エラ張り顔に似合う髪の毛の長差別スタイル

ここからはエラ張り顔の人に長差別でどういうスタイルがいいのかの例を紹介していきたいと思います。

ベース顔だからショートヘアが似合わない、、、なんて思っている方もいるようですが、どんな輪郭でもどんな顔の形でも似合わない髪型がないことはないです。似合う髪型はありますので参考にしてくれたら嬉しいです。

エラ張りの人のショートヘア

ショートスタイルの場合は顔周りの長さに気をつけましょう。
もみあげ部分を少し長めに残してサイドバングを作ってあげるスタイルなんかが似合いやすいと思います。

また男っぽい印象になりがちなエラ張りさんの場合は前髪に少しカールを出してあげることで柔らかい印象に見えます。

前から見た時に襟足部分に少し遊びあるとよりバランスが取りやすいと思います。

エラ張り顔の似合うミディアムヘア

ミディアムくらいの長さの場合だとレイヤーを入れてあげて耳横くらいにボリュームが来るようにするとバランスが取りやすくなります。

またひし形のシルエットを意識してあげるとよりグッドです。

トップに高さを出してあげるのもいいです。

エラ張り顔に似合うロングヘア

ロングで耳横あたりにボリュームを出すとなると相当なハイレイヤーになってしまいます。

そうするとひと昔前な感じが出てしまいます。

そういう場合はサイドバングを生かしてあげるとエラ張りをカバーできます。

サイドバングをエラ部分あたりくらいに設定してあげてバランスをとりましょう。

また前髪が長い人はかきあげ系の前髪にしてあげるとAラインに寄りすぎない感じになってグッド。

エラ張り顔が前髪を作るときの注意点

ではもうちょっと細かい話で前髪はどうしたらいいのか?ということについて書いていきます。

エラ張り顔の特徴は先ほどお伝えした通り、

  • 顔の横幅が広い
  • エラが張っている
  • クールな印象
  • 輪郭が角張っている
  • 男性的な印象

でしたね。

では前髪を作るときポイントは

  • 前髪の横幅を広くとりすぎない
  • ぱっつん前髪はバランスが難しい
  • サイドバングが頼る

です。

前髪は横幅と奥行きでできていますが、エラ張り顔の特徴として横顔が広いのでワイドバングにしてしまうと横の印象が強くなってしまいます。

ただ狭くとりすぎるというよりはかはイメージとして広くとりすぎない程度でいいと思います。

次にぱっつん前髪です。
角ばっている印象があるエラ張り顔の場合だとラインが出てしまいやすいぶつ切りのぱっつん前髪だと強調されてしまいます。

カラーにもよりますが、黒髪の場合だとより強い印象になってしまいます。
モード系のスタイルが好きな方はいいと思いますがナチュラルな感じが好きな方は少しぼかすくらいはしておいた方が無難です。

そして最後にサイドバングです。
これは何回も言っていますがエラを隠すにあたっては欠かせません。
エラを隠すくらいのラインでサイドバングを作ってあげるだけで小顔効果があるのでコンプレックスに思っている方はぜひ試してみてください。

 

エラ張りの顔の形にはどんな髪型が合うのか?まとめ

いかがだったでしょうか?エラ張りは個人差もありますが気になっている人も多いようなのでカバーしたいという人は美容室に行く際に参考にしていただけると嬉しいです。

エラが気になってもエラをなくすことはできませんので髪型でコンプレックスを気にならなくさせることができたらいいですね。

女性の髪型で紹介してきましたが男性でもエラ張りの悩みがある方もいると思いますが考え方は一緒です。

男性の場合だと長い髪型にすることができる人が少ないと思いますので、ひし形のシルエット・前髪を意識してあげてオーダしてみるのもいいかもしれませんね。