コーヒーで禿げる!?カフェインと抜け毛の関係は?

タバコ・酒は髪の毛に悪いというのは知っている人は多いと思いますが、コーヒーも悪いというのを知っていましたか?

朝の目覚めの一杯にコーヒーを楽しみにしている人も多いんではないでしょうか?ハゲ予防をするためにはそんな些細な楽しみまでも奪ってしまうのか、、、

しかしお酒も適量を守れば問題ないし、コーヒーも逆に健康になるという説があったりもします。

今回はコーヒーでなんでハゲてしまうのか?ということにフォーカスを当てて説明していきたいと思います。

コーヒーでハゲると言われている原因はカフェイン

コーヒーといえばカフェインが入っています。
よく眠たくなったらコーヒーを飲んで目を覚ます。なんてこと言ったりしまうが、これはカフェインが眠気を妨げたり、覚醒効果があるとされているからです。

ということはコーヒーを飲みすぎると眠りの質が悪くなってしまい、髪の毛が成長するために必要な成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうので髪の毛に悪いと言われています。

コーヒーでハゲると言われているのはそれだけでありません。
難しい話になってしまうので細かいことは置いときますが、アデノシンというエネルギー物質があります。アデノシンは育毛剤のアデノゲンや資生堂から発売されているアデノバイタルなんかが有名です。
このアデノシンが受容体と結びつき細胞増殖因子を促進させるのです。

が、カフェインは受容体とこのアデノシンと間違って細胞増殖因子の分泌を妨げてしまうということにつながります。

ということで成長ホルモンや細胞増殖因子の分泌を悪くしてしまうということなんですね。

いや〜コーヒー飲むのをためらってしまいそうです、、、

ところがどっこいコーヒーは髪の毛にいいこともあるんです!!

コーヒーは髪の毛にいい効果もある!?

今まではコーヒーと髪の毛の関係で悪い面ばかりを見てきましたが、実は髪の毛にとってコーヒーはいい面もあるんです。

それは脳の血管の収縮作用と抹消血管の拡張作用です。

抹消血管とは細かい血管のことで毛細血管ももちろん含みます。
髪の毛は頭皮に張り巡らされている毛細血管から栄養が運び込まれて成長していくので、このコーヒーの抹消血管の拡張作用はいいことなんです。

そして男性の薄毛の原因である悪玉還元酵素のDHT(ジヒドロテストステロン)を抑制するという研究結果も出ているそうです。

これは男性ホルモンと結びつくことでAGA(男性型脱毛症)を進行させるのでそれを抑制してくれるというのは逆にハゲ防止効果にもなるんですね。

コーヒーにはポリフェノール、クロロゲン酸という成分も含まれています。
これにも血管拡張作用がありカフェインとのダブル効果で血行促進効果があり、コーヒーは薄毛に逆に効果あり!という説もあるくらいです。

コーヒーで禿げる!?カフェインと抜け毛の関係は?まとめ

薄毛とコーヒーの関係性はいい面と悪い面があるということがわかったと思います。カフェインも適度に摂取するのは全然問題ないと個人的には思いますし、朝のコーヒータイムを奪わないで欲しいので適量は気にせずに飲んでいいと思います。

何事もバランスが大事です。カフェインも摂りすぎると悪い面が出てきてしまったり睡眠不足になってしまったりしてしまうので健康的な生活リズムを作ることを心がけることが大事なんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です