2019秋冬の流行りの髪型はウルフ?

今年2019年の流行りの髪型はウルフヘアーなどの軽めの髪型と言われています。

少し前まではボブなどの重ためだったのに、流行りってコロコロ変わっていきますね。

ウルフといっても昔のウルフヘアとは違います。
今年流行りのウルフヘアはマッシュウルフのような髪型が多くなってきているようです。

今回はそんなウルフヘアについてお伝えしていきたいと思います。

ウルフヘアとは??

ウルフヘアとはトップの髪の毛が短めで襟足の部分が長くなっていて狼のたてがみのような髪型のことを言います。(狼っぽいか??)

ボブの髪型と違いレイヤーを入れたスタイルになるので、まとまりというよりは軽さを出した動きがある遊び心溢れる髪型なんですね。

で、今までのウルフヘアだと結構トップの高さを際立たせるような髪型だったんですが、今年の流行りのウルフはそうではありません。

確かにトップの方はレイヤーを入れるのですが、全体的に馴染ませたいい感じくらいの長さに留めておくくらいが今年の主流です。

ウルフヘアにすることによるメリットは先ほどもお伝えしましたが動きが出しやすいという点です。

レイヤーを入れることで頭の形をよく見せてくれるひし形シルエットに近づけてくれます。

ウルフヘアが流行ってきているのは、最近の抜け感が流行っていることでアンニュイな印象にしてくれることも一つの要因のようですね。

ただウルフヘアの特徴として、セットしないといけないので普段ワックスをつけないとかという人は少し面倒な髪型になるので美容師と相談してみてください。

顔の形によってウルフカットは変えるべし!!

全ての人にウルフカットは似合わせることができますが、ボリュームを出すところに気をつけておかないとバランスが悪くなるので、そこは美容師の腕のみせどころですね。

それでは顔の形別にみていきましょう。

ウルフカット 丸顔

引用:ホットペッパービューティー

丸顔の人はトップに高さを出すようにすると縦長の印象が出てくるのでバランスが整えやすくなります。
しっかりとレイヤーを入れてボリュームを上に出すようにしましょう。

ウルフカット 面長

引用:ホットペッパービューティー

縦長のシルエットが出がちなウルフヘアですが、レイヤーを耳の横あたりで留めておくことで横にボリュームを出し面長でもウルフヘアが似合うようにバランスが取れます。

またマッシュラインや顎ラインでくびれを入れるようにカットやスタイリングするのも可愛いですね。

ウルフカット 逆三角形

引用:ホットペッパービューティー

逆三角形の頭の形をしている人は顎ラインより下あたりにボリュームが来るようにするとバランスが取りやすくなります。

こめかみあたりにボリュームが出てしまうと逆三角形を強調してしまうので下の方でバランスが取れるように調整してもらいましょう。

ウルフカット ベース型

引用:ホットペッパービューティー

エラ張りでハチ張りのベース型は縦長のシルエットを意識し、エラとハチまわりにボリュームが出ないようにしてもらいましょう。

またマッシュラインを入れ顔を包み込むようにすることで、小顔効果もあります。

2019秋冬の流行りの髪型はウルフ?まとめ

いかがだったでしょうか??
ウルフヘアと聞くと古臭い印象がある方もいるかもしれませんが、最近のウルフヘアはなかなかかっこいい印象にできます。

もし髪型に変化が欲しいという人は試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です