髪の毛の老化による起こる現象

みなさまこんにちは、福岡市中央区平尾にある美容室 chill hair design の古賀裕三です。

結構見て見ぬ振りをしてしまいがちですが髪の毛にも老化現象があります。今回は髪の毛の老化によって起こる現象を見ていきましょう!!

髪の毛の老化が起こるのは?

だいたい多いのは30代くらいから40代にかけてが多いのですが、最近は若年性化もしてきているので早い人だと20代からもなり出す人がいるようです。

髪の毛の老化が起こるわかりやすい現象としては薄毛・白髪でしょう。ですが、髪の毛が急にくせ毛になりだしてきた、細くなってきた、パサパサになってきた、なんてのも老化現象の一部なんです。

髪の毛が老化する原因

老化の原因としては加齢が一番ですが、ライフスタイルも関係しています。

  • 睡眠時間
  • 食生活
  • ストレス
  • 生活習慣

などなど挙げればきりがありません。ですが、睡眠時間が少ない、食生活が脂ものなど偏っている、ストレスを多く感じやすい、生活習慣が不規則、タバコを吸う、などなど、

他にもホルモンバランスや紫外線、血行不良などもあります。
体と同じく髪の毛にも影響してくるんですね〜、規則正しい生活を心がけ、ストレス発散方法を見つけてるのも大事ですね。

髪の毛の老化を予防するには?

髪の毛の老化を予防するには、頭皮の状態もすごく大事です。というか頭皮環境をしっかりと整えていくのが最善だと思います。

髪の毛の状態が悪いということは頭皮の状態も良くありません。頭皮の状態が悪いということは血行が悪くなっています。紫外線に当たりすぎていると細胞はダメージを受けてしまいます。

ではどのようにしたらいいのか?頭皮ケアをするんです!!

ヘッドスパが効果的

ヘッドスパという言葉は聞いたことあると思います。頭皮のマッサージです。
普段取れないような汚れを浮き立たせて頭皮の状態をクリーンにしたり、マッサージをすることで血行促進の効果が期待できます。

血行が良くなると髪の毛に栄養分が行き渡りやすくなるため、老化を予防・防止することにつながります。また頭皮は顔の皮膚とも繋がっているのでヘッドスパをすることによってリフトアップ効果も期待できるのでオススメです。

シャンプーを選ぶ

他にも自宅では頭皮用のスカルプシャンプーを使うのも血行促進効果が期待できるので予防としてはいいかと思います。乾燥してしまうと固くなりますし、皮脂が多いと毛穴を詰まらせたりとダメージをを受けてしまいます。健康的な頭皮の状態をキープすることが大事なんです。

濡れたままにしない

お風呂上がり髪の毛を濡れたまま放置していませんか?洗濯物の生乾きの嫌な臭いとかありますよね?あれは濡れたままで菌が繁殖して出てしまっているんです。それを頭皮に置き換えたらどうでしょうか?
恐ろしい、、、面倒くさがらずにお風呂上がりは乾かすようにしましょうね。

まとめ

体と一緒で老化自体を止める方法はありませんが、予防対策はできます。
年齢を重ねてからケアをするよりも普段の生活を気をつけたり、たまにでいいからヘッドスパをするとかもいいと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です