ドライヤーの選び方はどうしたらいいのか?

みなさまこんにちは、福岡市中央区平尾の美容室chillhairdesignです。
まだまだ寒い日が続いていますね〜、インフルエンザもぼちぼち流行ってきているみたいなので、体調にはお気をつけください^^

さて今回はドライヤーの選び方についてです。
ドライヤーってどれも同じでしょ?って思っている方多いのではないのでしょうか?
結論から言うと風量だったり機能面だったり、使える用途だったりで全然違います!!

まずはドライヤーで乾かす意味から見ていきましょう〜。

ドライヤーで髪の毛を乾かす意味

ドライヤーで髪の毛を乾かさないことによるメリットはめんどくさくないくらいで、
乾かさないと髪に悪影響ばかり起こってしまいます。

どんなことが起こるかというと、

  • 雑菌が湧きやすく、臭い痒みの原因になる
  • キューティクルがはがれ髪の毛がボロボロになる
  • 変な癖がついてしまいボサボサになる

と言った感じです。

めんどくさいのはわかりますが必ず乾かすようにしましょうね^^

ドライヤーは目的によって選ぶべし!

ドライヤーの価格も数千円から1万円を超える高級なものまでピンキリです。
価格で選ぶのはアリだとは思うのですが、目的によって使い分けてもいいと思います。

  • 早く乾かしたい人=風量が強いドライヤー
  • 髪の毛に艶を与えたい人=マイナスイオンやナノケアのドライヤー
  • 肌に優しい=低温で乾くドライヤー
  • いろんな用途に使いたい=多機能のドライヤー

とざっくり分けるだけでもこんなにあります。
この中から自分がどの目的でドライヤーを当てるのかを選んでみましょう!
一番早く乾くドライヤーではダイソンのドライヤーがめちゃめちゃ風量が強いので早く乾きます。

風が強いドライヤー

早く乾かしたい人は風量が強いドライヤーを選びましょう。
よく勘違いされている方がいるのですが、ワット数が大きいと風量が強いわけではありません。
ワット数が高くても風量が少ないドライヤーはありますのでご注意を。

風量が強いドライヤーを使うことによるメリットとしては、

  • 時間短縮
  • オーバードライによるダメージ減少
  • 頭皮までしっかり乾く

風量が弱いドライヤーの場合は熱が頭皮まで行き渡りにく他の髪の毛にばかり熱が当たってしまうことがあります。基本的に最初は根元の方から熱を当てていくのですが、風量が強くないと髪の毛が邪魔して根元の方に風が当たりにくいです。

また髪の毛の水分の流れとして根元の方から毛先にかけてあるのですが、毛先の方から乾かしてしまうとオーバードライといって乾かしすぎによるダメージを受けてしまいます。

風量として1.3~1.9m3/sという単位以上のドライヤーを選ぶようにしましょうね^^
めちゃくちゃ強いやつだと2.3m3/sという吹き飛ばされてしまいそうなくらい風が強いドライヤーもあります。

マイナスイオンやナノケアのドライヤー

髪の毛に艶を出すために、マイナスイオンやナノケアのドライヤーがオススメです。
このマイナスイオンやナノという言葉は聞いたことがあると思います。
世間ではあまり効果がないという人もいますが、僕は痛んでいる人は実感できるくらいはわかると思っています。

もちろん価格も高くなってきますが、個人的にこれくらいのドライヤーがいいかと。
マイナスイオンやナノ粒子をドライヤーの風とともに髪の毛に当てて保湿や艶を出してくれるというものです。

ただし当てればいいというものではないので、適度に当てるようにしましょうね!

低温で乾くドライヤー

最近ではドライヤーから特殊な効果で髪の毛自体を振動させ美顔器としても使えるようなものも出てきています。

肌に当てることで適度に振動させ肌を活性化させるというものなので地肌が弱い人はこういったドライヤーを選ぶのがいいかと思います。

多機能のドライヤー

これはいろんな用途で使いたい人向けです。
ただいいものになると値段が高くなるし、昨日も専用に作られているものに比べると落ちます。
多機能というと温度が高くなると冷風に変わったり、強弱が選べたり、他にもいろんな機能がついたドライヤーがあります。

最後に

このように自分の目的にあったドライヤーを選ぶことが自分にとっていいドライヤー選びとなります。
他にもシャンプーだったり、スタイリング剤もそうです。
色々試すのはいいと思いますがなんでもかんでも使うよりかはその時の状態によって選べるようにした方がいいかな〜と思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です