髪の臭いがきになる?それはもしかした頭皮の臭いかも!

みなさまこんにちは、福岡の平尾の美容室 chill hair design の古賀裕三です。
「なんか頭から臭いがする、、、」「頭を洗っているはずなのにベタつきが、、、」

そんことを感じている人も少なくないと思います。
毎日清潔にしているはずなのに髪が臭いとかあるのは実は頭皮が原因なのかもしれませんよ?

髪の毛が臭い原因は?

髪の毛が臭くなる原因としては以下のことが挙げれれます。

  • 生乾きの状態
  • 皮脂の過剰分泌
  • 生活環境

生乾きの状態だと湿気を多く含んだ状態になって臭いがうつりやすい状態となります。
お風呂上がりの状態では出来るだけすぐにドライヤーを当てて乾かすようにした方がいいです。
濡れたままにしていると雑菌が繁殖しやすい状態にもなりそれも臭いの原因になってしまいます。

皮脂の過剰分泌は髪の毛の臭いではなく頭皮からの臭いになります。
臭いの原因の成分をノナネールといい、これは皮脂が分解されると出てきます。
シリコンシャンプーを使っているとかシャンプーの流し残しがあったりすると臭いの原因にもなってしまうので気をつけましょうね

生活環境も大事です。タバコの臭いや焼き肉の臭いなどの臭いがきつい環境、例えばパチンコ屋、居酒屋、焼肉屋などなど
洋服に臭いが移ったりしますよね?あれ実は髪の毛にも移っているんです。
そういう環境にいないといけない場合はより気を使うようにしないと臭いが残ってしまいます。

髪の毛に臭いがつかないようにする対策

臭いを取る方法としてはしっかりとしたシャンプーが大事になってきます。
もしくは頭皮環境を正常に整えるようにすること。

  1. お風呂に入る前に獣毛のブラシでブラッシングする
  2. すすぎをしっかりとする(約1分30秒くらい)
  3. シャンプーをしっかり泡だてて使う
  4. 指の腹でマッサージをするように洗う
  5. 流し残しがないようにしっかりと流す
  6. トリートメントは中間から毛先につける
  7. ドライヤーは出来るだけすぐかける

ブラッシングをすることによって髪に付着している汚れと埃をある程度取り除けます。
すすぎをしっかりすることも大事でこのすすぎをしっかりするとある程度の汚れは落とせます。
シャンプーをしっかり泡だてて使うことによって髪の毛にも優しく全体的に汚れを除去してくれます。
指の腹でマッサージをするようにすると頭皮に刺激を与えて血流が良くなります。
洗い終わりの流しもしっかりしないとシャンプーが残っていると臭いの原因になります。
トリートメントを根元につけてしまうと毛根を詰まらせる原因になりかねないので注意です。
ドライヤーをすぐに当てることでキューティクルをしっかりと閉じさせ臭いの吸着を防いでくれます。

またマッサージをするときに爪でやってしまったりすると、気持ちいいのですが頭皮を傷つけてしまうことにつながるのでやめましょう!!

生活環境も大事で脂っこい食べ物ばかり食べていたりすると当然皮脂の分泌量が多くなってしまいます。
食事のバランスも大事ですね。

またスタイリング剤も効果的です。

臭いがつく前の対策として

  • ヘアスプレーを振っておく
  • アウトバストリートメントをつける
  • 髪をまとめる

ヘアスプレーやミスト系のスタイリング剤をつけておくだけで臭いがつきにくい状態にしてくれます。
アウトバストリートメントで髪の毛をコーティングすると臭いがつくのを防止してくれます。
髪をまとめると臭いがつく面積が狭くなるのでオススメです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です