髪の毛の本数はどれくらいあるのか?結構個人差がある?

みなさまこんにちは、福岡の平尾の美容室 chill hair design の古賀裕三です。
人って髪の毛の多さがバラバラですよね〜多い人もいれば少ない人もいる、太さも違えば髪質も違う。

今回は髪の毛の本数は一体どれくらいあるのか?
どうして本数が多い人でも少なく見えたり少なくても多く見えたりするのかをお伝えしていきます。

髪の毛の平均本数はどれくらい?

成人した人の髪の毛って平均で10万本ほどと言われています。
でもそれはあくまでも平均で個人差がすごくあります。

少ない人で5〜6万本、多い人で13〜15万本です。
つまり髪の毛の本数ってこの間の平均で10万本てなっているんです。

個人差ありすぎです笑

倍以上違うじゃないですか!!

でも元々髪の毛が多いからといって薄毛にならないわけではないし、少ないからといって確実に禿げるということでもないです。多くても少なくても薄毛になる人はなります。

髪の毛の本数が少ないと悩んでいる方

髪の毛の本数が少ないのは先天的と後天的に分類されます。

先天的なのは生まれつき髪の毛の本数が少ないという人。
これは遺伝が関係しています。
生まれついて髪の毛が薄い人は髪の毛の本数が少ないからといって以前の状態と比べて髪の毛が減ったと感じなければ気にしすぎることはありません。

気にしすぎることでストレスになってしまい自律神経が悪方向に働いて抜け毛が増えたりもしてしまうので過剰な心配はしないほうがいいです。

逆に後天的に髪の毛が少なっている人は注意が必要です。
元々は髪の毛が多かったのに少なくなってしまっていってるということは脱毛症が進行している可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)、びまん性脱毛症、脂漏性脱毛症など様々な脱毛症がありますがどれも共通して言えることがあります。

それは髪の毛の抜けてから生えてくるまでの周期が乱れているということです!!

これはヘアサイクルと呼ばれるものです。

髪の毛には一定の寿命があります。女性の場合健康な人で4~7年を1サイクルとされていて、
成長期と呼ばれる髪の毛が育っていく期間が4~7年で、退行期と呼ばれる成長が止まってしまい脱毛させる期間、休止期で毛乳頭の活動がストップしてしまいそれで脱毛し、新生毛が生えてきます。

脱毛症の方はこの中の成長期の時期が短くなってしまい新生毛が生えてくるまでの期間が長くなってきてしまうことで抜け毛の数が増えて追いつかなくなり結果髪の毛が少なくなってしまうということになります。

髪の毛の本数が多いのに少なく見えてしまう原因

それは髪の状態によって見え方は変わります。
髪の毛が多いのに少なく見えてしまう方は髪質が細いのかもしれません。

また髪の毛が皮脂でべたついて見えるという人も少なく見えてしまいます。
俗にいう『ペタンコ髪』ですね。

この髪質も生まれついてのものもありますが、生活習慣の乱れや加齢による髪の毛の衰え、ヘアケア方法が間違っている、なども原因になります。

すぐに改善は難しいですが、シャンプーを変えるなど自分の日常に溶け込ませることができる対策なのでオススメです。

頭皮環境を正常に持っていけるように頑張ってみましょう!

髪の毛の本数はどれくらいあるのか?結構個人差がある? まとめ

人それぞれ髪の毛の多さはありそれぞれ悩みがあると思います。
原因がなんなのかを知った上で対処することで頭皮環境を改善していき理想のヘアスタイルに近づけるように頑張ってみましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です