分け目が意外と奥が深い!前髪の分け目で印象が変わります。

前髪のセットが決まらないと1日の始まりがテンション上がらないですよね〜
前髪は髪の毛の中でも印象を大きく与える部分でもあるのでどうせならいい感じになってほしいものです。

それと同じく分け目って意外と大事で相手に与える印象も変わってきたりします。

今回はそんな前髪の印象や分け目によってどう印象が変わるのか?
を記事にしていきたいと思います。

前髪をどっちに流していいのかわからない?分け目の決め方

スタイルブックなどを見ているとモデルさんの前髪のように流したりしたい!と思っていざカットしてみると思った通りにいかないという経験はありませんか??

それは自分の生えグセやセットの方法が間違っているかもしれません。
意外と自分の生えグセっていうのは美容師でもない限り日常で見ることは少ないと思います。

生え方

生え方は人それぞれでまっすぐ降りるように生えている人もいれば右から左に流れていたり、逆に左から右に流れていたり、浮きやすかったり、ぺたんこになりやすかったりと様々です。

今まで同じ方向に流していたり分けていたりする方は生え方にクセがついてうまくいかない場合があります。

そういった場合は一度ドライヤーやアイロンでクセをとるようにしてセットするか、流す方向や分け目を逆にするというのも流しやすくする方法の一つです。

分け目を選ぶ時のポイント

分け目を選ぶ時のポイントとして、自分の目の大きさや心理学的なところを参考にしてみてもいいかもしれません。

  • 右分け=女性らしいふんわりとした雰囲気、フェミニン、モテ分け
  • 左分け=インテリな印象、大人っぽい、
  • センター=ビューティー、クールな印象

こんな感じで日本ではあまり浸透していないのですが、アメリカではこのような分け目に対してのイメージもあるようです。

もちろん目の大きさで選ぶのもアリだと思います。
誰でも左右対称な目な人はほとんどいません。目の大きい方を選ぶことによって目力が強調されます。

あと意外とこれも知られていないのですが、顔の筋肉も左右で違います。
顔を左右動かしてみてください。

動かしやすい方と動かしにくい方がありませんか?
動かしやすい顔の方を利き顔と言います。
動かしやすい方の顔の方向で分け目を作ることによって顔の表情が映えます。

分け目が意外と奥が深い!前髪の分け目で印象が変わります。まとめ

分け目は同じ方向でずっとつけてしまっていると形がしっかりとついてしまったりして立ち上がりがなくなって薄く見えてしまったり、紫外線によるダメージを受けやすくなったりもしてしまいます。

たまに分け目を変えてあげようとすることがそういったダメージから守ってくれるだけでなく自分が流したい分け目にするときにもすんなり帰れることができたりするのです。

伸ばしている人やなんか雰囲気を変えたいな〜という人は分け目を変えるだけでも気分転換になると思いますのでぜひチャレンジしてみてください^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です