小顔に見せる髪型とは?バランスが大事

みなさまこんにちは、平尾の美容室 chill hair designの古賀裕三です。

顔が大きく見えて気になるというコンプレックスを持っている人は髪の毛でどうにかならないかな?と思っている人も多いと思います。

実際に髪型で見え方はすごく変わります。
でも自分の顔の形がどういう感じなのか、髪質は、などいろいろなことを知らないと自分にあった小顔ヘアーにならないこともあるんです。

今回はそんな感じで進めていきたいと思います。

小顔に見せるポイント

顔の形は大まかに分けて

  • 丸顔
  • 面長
  • タマゴ型
  • ベース型

という感じに分けられます。

自分がどの顔の形によるかで小顔になれる髪型は変わってきます。

ベース型や逆三角形の顔の形の人は前髪ぱっつんの重ためにするとより丸顔が強調されてしまいます。
面長な方は逆に前髪を作ることで縦長のシルエットをカバーしたり、丸顔の人はトップにボリュームを出すことでバランスをよくしてくれたりしてくれます。

 

小顔に見せるバランスとは?

小顔に見せれるポイントとしては

  • 前髪
  • 顔周り
  • ボリューム
  • バランス

これになります。

全体を通じて言えることなのですが一つ一つみていきましょう。

前髪で小顔効果を狙う

前髪はヘアスタイルの中でもすごくバランスを気にするところでもあります。
前髪を少し切るので印象がガラリと変わったり

丸顔の場合は前髪を作るときは少し隙間を作るようにしてあげると見える肌の部分が多くなるのでバランスが良くなります。

面長の人は目にかかるくらいの長さにしてあげる通称ウザバングにしてあげると全体的にバランスが良く見えます。

全体的にどの顔の形でも似合うとされるのが流し前髪です。
これは横広に見えるベース型や丸顔の人にも効果的です。

また前髪の長さを目のギリギリくらいにしてあげることで目力アップにも一役買ってくれます。

顔周りの毛で小顔に見せる

顔周りの髪の毛で小顔効果もあります。
前下がりにするとエラ部分を隠すことができるのでベース型の人は小顔効果が出たり、
面長な人に顔周りにレイヤーを入れることで顔周りを包み込みバランスをよく見せたりもします。

また面長に見える人は顔周りにワンカールを入れてあげるとタマゴ型によりますのでバランスが良く見えます。

ボリュームを出して小顔に見せる

丸顔さんはトップをふんわりすることで小顔に見せる効果があります。
ボリュームを出すのに小顔に見える?と疑問を持つかもしれませんが、全体的なシルエットが良くなれば顔が小さく見えるんです。

面長な人には向いていませんが丸顔さんはトップのボリュームを意識してあげるといいと思います。

トップを立ち上げるコツとしては分け目を作らないようにすることとドライヤーでの立ち上げが良くなります。

それかかきあげバングにしてあげると縦の感じを強めますので◎

バランスを整えて小顔に見せる

さっきからバランスバランスと口うるさく言ってますが、今までの言ったことを通して全体的にバランスをよくしてあげると小顔に見えてきます。

横に広がりやすい人は縦の意識を、面長に見えて嫌な人は横の意識を、と言った感じです。

 

小顔に見せる髪型とは?バランスが大事 まとめ

簡単ではありましたが、小顔に見えるポイントの紹介でした。

自分でどの顔の形かわからない人は美容師に相談してもいいかもですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です